広告 生活・子育て

自習室としてchocoZAP(チョコザップ)は最高におすすめ!利用しやすい理由を詳しく解説します

自習室としてchocoZAP(チョコザップ)は最高に利用しやすい!?詳しく解説します

自宅で勉強するのって、さまざまな誘惑があって集中できませんよね?

そこで、集中するため、また、気分転換に利用しやすいのが『自習室』です。

学校にある図書館・図書室、塾に併設されている自習室を使っている人も多いと思いますが、実はそれ以外にも自習に利用できる施設って結構あるんですよね。

  • 図書館だったり
  • カフェだったり
  • コワーキングスペースだったり

そして、最近、個人的に気付いたことは、

  • 『chocoZAP(チョコザップ)って実は自習室として最高に使いやすいのではないか?』

ということです。

『ん?チョコザップ?なんで?』

と思う方、多いと思います。

そこで、この記事ではなぜ、僕が『自習室としてチョコザップ活用することをおすすめ』しているか詳しく解説していきます。

この記事を読んでわかること

  • 『自習室としてchocoZAP(チョコザップ)を活用することをおすすめ』しているか詳しく解説していきます

この記事の執筆者

リョウスケ

✓教育ブログ歴9年。月々130,000PV。
✓9年間様々な受験情報・教育情報・学習サービスをみてきた筆者が経験をもとに解説していきます。⇒運営者情報はコチラ
✓『中学受験のアレコレ・メルマガ版』スタートしました。もちろん無料です。ぜひご登録ください。

    

chocoZAP(チョコザップ)公式サイトへ

chocoZAP(チョコザップ)は自習室として最適!詳しく解説します

まだ、広く語られていませんが

  • 『今後、チョコザップは自習室としてのポテンシャルが非常に高い』

と筆者は感じています。

CMでもお馴染みなので皆さん、チョコザップは、ご存じですよね?

なぜ、チョコザップが自習室としてポテンシャルが高いといえるのでしょうか?

chocoZAP(チョコザップ)はただの低価格ジムではない

chocoZAP(チョコザップ)はRIZAP(ライザップ)グループが運営する低価格ジムです。

しかし、知らない方も多いかもしれませんが、チョコザップはただ身体を鍛えられるトレーニングジムではないんですよね。

実は、チョコザップではトレーニングマシーンがあり身体を鍛えられるだけでなく、その他にも様々な付帯サービスが付いているんです。

  • トレーニングマシン
  • ピラティス
  • カラオケ
  • ランドリー
  • セルフエステ
  • セルフ脱毛
  • セルフホワイトニング
  • セルフネイル
  • ゴルフ
  • マッサージチェア
  • ワークスペース
  • ドリングバー

これらの設備の有無は店舗によっても異なるのですが、最大でこれだけ多くのサービスが付いてるんです。

そして、今回のポイントは最後の2つ。

  • ワークスペース
  • ドリンクバー

ワークスペースとなっていますが、言い換えれば『自習スペース』も同じことです。

Free電源、Free Wifiも付いていて、24時間利用可能な店舗もあります。(ただし、ワークスペースの利用は1日最大40分です)

しかも店舗によっては、飲み物の種類は少ないですがドリンクバーが付いています。

これで、月額3,278円なら利用頻度によっては十分元がとれます。

ただし、ワークスペースの利用は1日最大40分。
まだまだ、ワークスペースとして利用している方も少ないですからね。

自習室として利用する人が増えれば、今後ワークスペースを実装する店舗も増えるでしょうし、ドリンクバーももう少し充実すると思います。

それだけでなく休憩時間に身体は動かせるし、女性であれば美容系の活用もできます。

これを利用しない手はないですね。

chocoZAP(チョコザップ)公式サイトへ

今後、コンビニ並みの店舗展開をする予定

RIZAP(ライザップ)グループによると、

  • 今後チョコザップをコンビニ並みに店舗展開していく

としています。

日経ビジネスの記事によると、

  • 「様々なモノを販売するコンビニはあるが、様々なサービスを提供するコンビニはない。様々なサービスを手軽に楽しめる、町のサブスクのような存在を目指す」

とのこと。

2024年3月現在、チョコザップの店舗数は全国1,383店舗。
2023年3月に479店舗でしたので、約3倍です。

これだけ店舗が増えていることを考えると、入会しておけばどの駅でもチョコザップを利用することができる日は近いでしょう。

ということは、どこでも利用可能なスペースを確保したようなものです。

自宅近くの駅、学校近くの駅だけでなく、どこか途中下車した駅や、用事で降りた駅でもちょこっと勉強したり、作業したりできるということです。

また、僕が地味に大きいと思うのが『トイレを確保できる』という点です。

東京などでは、コンビニなどで客用のトイレがないところが多いですよね。

探すのも一苦労です。

その上、女性の場合、どこのトイレも混雑しています。

せっかく見つけたのにすぐに入れないなんてことはざらです。

しかし、チョコザップを利用していれば、大体の店舗でトイレを利用可能でしょうし、位置もアプリでチェックすれば一発で見つけられます。

勉強でも、何かの作業でも外でやるとすると図書館だったり、カフェだったりを探す必要があります。

図書館はなかなか見つかりませんし、カフェはどこも混んでいます。

それを考えた時、どの都市・どの駅でも利用できるスペース自分の基地を作っておけるという安心感は大きいと思います。

chocoZAP(チョコザップ)公式サイトへ

月額3,278円という利用しやすい利用料

そして、おすすめする理由の最後は月額3,278円という利用料です。

『月額3,278円はちょっと高い』

と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、ここまでお伝えしてきたようにチョコザップでは数多くのサービスが利用できます。

  • トレーニングマシン
  • ピラティス
  • カラオケ
  • ランドリー
  • セルフエステ
  • セルフ脱毛
  • セルフホワイトニング
  • セルフネイル
  • ゴルフ
  • マッサージチェア
  • ワークスペース
  • ドリングバー

自習室として利用する事だけを考えるとちょっと高い感じがするかもしれませんが、実際にはこれだけ多くのサービスを利用することができます。

これで月額3,278円は、個人的には安いと思います。

そして、もっとも大きなメリットは前項でお伝えした通り、

  • 各都市、各駅に自分のスペース・自分の基地を持っておける安心感

です。

出先で、時間を持て余し、喉も乾いていないのに無駄にカフェに入ったりしてませんか?

しかも、そのカフェが混んでいて席がなくて困ったことはありませんか?

自分のスペース・自分の基地を持っておける安心感は大きいですよね。

chocoZAP(チョコザップ)公式サイトへ

最後に

この記事では、自習室としてチョコザップを利用することをおすすめしている理由を紹介しました。

自習室として利用することはもちろんなのですが、再三書いている通り、様々な場所に『自分のスペース・自分の基地』を持てることが、僕が感じるチョコザップ利用最大の理由です。

もちろん、トレーニングジムなので本来の目的として利用することが最も良いわけですが、切り口を変えて、このような利用方法もありますよということでご紹介しました。

入会金などもありませんし、気軽に入会・退会できますので、ランチ2~3回分と考えて一度利用してみてはいかがでしょうか?

chocoZAP(チョコザップ)公式サイトへ

-生活・子育て